キャンピングカーについて思ったこと

レンタカーのキャンピングカーで2泊3日の旅をして思ったことをつらつらと。

まず、キャンプ場にキャンプに行くのにキャンピングカーは不要だなと。アウトドアで開放的に自然を楽しみたいのでキャンピングカーで行ってもほとんど車内にはいない。
到着したらテントやタープの設営、焚き火の火起こし、焚き火始めたら火の番、ご飯の準備も、ご飯を食べるのも外になるのでキャンピングカーである必要は全然ない。

雨が降ってると状況は変わってくると思うけど。
でも雨が降った場合は車内で犬猫を放して過ごそうと思ってたんだけど、犬が遊べるほど広くはない。チワワクラスの小型犬なら問題ないかもしれないけど、柴犬クラスになると手狭。手狭というか、ガンガンテーブルにアタックしてくるので全然くつろげない。イメージしていたよりは全然狭かった。

キャンピングカーが活きるのは、テントが張れない道の駅とかSAでの車内泊になると思う。道の駅では快適に過ごすことができた。できたんだけど、備え付けられている電子レンジとかエアコン、冷蔵庫、テレビは稼働しなかった。唯一、お湯を沸かすのに電気ポットを使ったけど、これもガスストーブでまかなえるので必要ってほどでもない。

ベッドも5,6人寝れるスペースが有るのだけど、そんな人数で泊まることは想定していないのでオーバースペック。そう、キャンピングカーは私の使い方ではオーバースペックなのだと思う。

理想なのは、テーブルと椅子があって、ご飯食べたりくつろいだりできて、寝るときにはそれらを畳んでベッドになれば十分。電力はそれなりにほしいのでモバイル電源を積むことでカバーする感じかな。

今回レンタルしたキャンピングカーは車高が3m近くあって並の立体駐車場には停められない。それだと普段の足としては使えないので、ハイエースクラスのワゴン車にテーブル、椅子、ベッドを状況によって組み立てられるようになっているのが現実的かつ理想的な形なのではないかな、という気がしている。

できれば、車の中でリモートワークもできちゃうと、旅しながら仕事ができて夢が広がるよね。

タイトルとURLをコピーしました