E-M1 MarkⅢについて

オリンパスのミラーレス一眼「E-M1 MarkⅢ」を買おうか悩んでる。いままで「E-M1」、「E-M1 MarkⅡ」と使ってきたので、当然「E-M1 MarkⅢ」も購入するつもりだった。が、発売直後に買い逃し、そろそろ購入しようかと思った頃にオリンパスがカメラ事業から撤退するというニュースが流れ、このまま「E-M1 MarkⅢ」を買うべきか、それともオリンパスは諦めて他のカメラに移るか、で悩んでた。昨日まで。

昨日、こんなリリースが発表された。

オリンパスのミラーレス一眼カメラからATOMOS社製HDRモニター/レコーダー「NINJA V」への動画RAWデータ出力を可能にするファームウェアの開発について

要約すると、「E-M1 MarkⅢ」と「E-M1X」について、「NINJA V」への動画RAWデータ出力を可能にするファームウェアの開発を進めている、というもの。これにより、撮影後にカラーグレーディングや露出調整ができるようになるらしい。

ぶっちゃけ、この機能を使う予定はない。使わないんだけど、オリンパス系カメラをまだまだ進化させていくんだというメーカーの心意気を感じることができた。それだけで迷いは消えた。

オリンパスは動画性能を軽視してきた、というかスチルカメラとしての性能を突き詰めてきた過去があるんだけど、これからは動画も頑張るぜ、というメッセージともとれる。

いいじゃないか。「E-M1 MarkⅢ」買うぜ。

タイトルとURLをコピーしました