[WordPress]記事内にソースコードを綺麗に表示するプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」

このブログでは私のプログラムの勉強過程を載せていこうと思ってまして、ソースコードが綺麗に表示できるというのはかなり重要な要素だったりします。

で、今回WordPressをブログシステムとして採用したのは「Crayon Syntax Highlighter」プラグインが利用できるから、と言っても過言ではありません。ただ、このプラグインの最終更新日が2年前というのがちょっと気になりますが。

プラグインの「新規追加」で「Crayon Syntax Highlighter」と検索すると下記のプラグインが検索されます。

インストールして有効化すると、エントリー画面にメニューボタンが追加されます。

ボタンを押すと下記のような画面が表示され、コードを記入することができます。
基本的には「Code」の部分にコードを記入して、上部右の「Add」を押すことで、ソースコードが綺麗に表示されます。

こんな感じです。

「Crayon Syntax Highlighter」は細かいいろんな設定ができるのですが、私はほぼ標準で使っています。

唯一変更した設定は「Display the Toolbar」の選択肢を「O」から「Always」に変更したこと。この設定だと上部のツールバーが常時表示されます。


ここが「O」だと、上部のツールバーがマウスが上部に行ったときに表示されマウスが離れると非表示になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする