[WordPress]SSHで更新するプラグイン「SSH SFTP Updater Support」

WordPressはブラウザからアップデートができるんだけど、標準だとFTPが必要になります。

FTPが利用できないサーバでは使えません。

このWordPressを動かしているサーバはFTPを動かしてません。FTPはなんか危ないじゃないですか。

WordPressもSSHでアップデートできればいいのに、と思ったら最適なプラグインがありました。

SSH SFTP Updater Support

このプラグインがあればSSHでWordPressをブラウザからアップデートすることができます。
ただ、インストールにはちょっとPHP_SSH2が必要になります。

PHP_SSH2のインストール

こちらを参考にさせてもらいました。

さくらインターネットでPHPのSSH2を使用する方法moshimore Knowledge

カレントディレクトリで作業をします。

作業用のディレクトリとモジュールを入れるディレクトリを作ります。そして作業用ディレクトリに移動します。

libssh2の最新のバージョンをダウンロードします。下記から最新のバージョンのファイルを確認します。

https://www.libssh2.org/download/

現在の最新は「libssh2-1.8.0.tar.gz」でした。ダウンロードして解凍してディレクトリの移動します。

ではディレクトリを移動してコンパイルします。

つづいてSSH2のソースをダウンロード&解凍します。

SSHの最新バージョンは下記で確認できます。

https://pecl.php.net/package/ssh2

ディレクトリを戻ってから作業します。

コンパイルします。

できたファイル「ssh2.so」をモジュール用のディレクトリにコピーします。

php.iniの編集

php.iniを編集します。と言ってもphp.iniを直接編集はしません。
下記のパスに各モジュールのiniファイルが入っているので適当なファイルをコピって中を編集します。

今回は「20-gd.ini」をコピって「20-ssh2.ini」というファイルにして編集しました。
「20-」の部分はなんなんですかね?

Apaccheを再起動

ここまでできたらApaccheを再起動します。

phpinfoにssh2の表示がされればインストール成功です。

SSH SFTP Updater Supportをインストール

SSH SFTP Updater Supportをインストールしたいってことは、管理画面からプラグインのインストールができない環境だと思うので、下記からダウンロードして /wp-content/plugins/ にアップロードします。

https://ja.wordpress.org/plugins/ssh-sftp-updater-support/

インストール済みプラグインの画面でSSH SFTP Updater Supportを有効化します。

するとアップデート画面の接続形式に「SSH2」の選択肢が現れるようになります。

これで、FTPがなくてもブラウザ経由でアップデートできるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。