さくらVPSにsendmailをインストールする

さくらVPSにsendmailをインストールして、独自ドメインのメアドに送られたメールを別のメアド(今回はgmail)に転送する設定をすることにします。

メールを受信するのはgmailが便利です。

DNSの設定

DNSでMXレコードを登録します。優先度はテキトーです。

私はムームードメインを使っているのでムームーDNSで設定しています。

ムームードメイン

sendmailをインストール

下記のコマンドでsendmailをインストールします。

sendmail.mcの編集と反映

viでsendmail.mcを編集します。

以下の2箇所について編集します。

「Addr=127.0.0.1」の記述を消して、外部から送信できるようにします。

続いてホスト名を変更します。

sendmail.mcを反映します。

sendmailを起動します。

local-host-namesを編集

local-host-namesを編集します。

下記の位置にドメインを記載します。

aliasesを編集

aliasesを編集します。

「エイリアス名 : 転送先メアド」の形式で記載します。

編集したaliasesを反映します。

25番ポートがあいているか確認

smtpポートが開いていることを確認します。

smtpがあいていればそのままでOK。

開いていない場合はポートを開ける必要があります。下記の記事が詳しく書かれていますので参考まで。

ファイアウォールiptablesを簡単解説

sendmailを再起動

ではsendmailを再起動します。

ん?sendmailの停止に失敗した?

設定は以上で完了なので、設定したメールアドレス(エイリアス)にメールを送信してみます・・・届きません。なぜ?

postfixが動いてた

25番ポートが他で使われているせいでsendmailが落ちているっぽい。

ってことでpostfixのステータスを確認してみると

動いてた。

なのでpostfixをとめます。

再度sendmailを再起動

もう一度sendmailを再起動してみます。

これでメールを送ってみると、、、届いた(転送された)!

自動機能の設定

自動起動についてもpostfixをoff、sendmailをonに設定しときます。

以上でさくらVPSのsendmailのインストール&設定が完了です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする