[twitter]電話番号認証でSMSが届かない場合の対処方法

twitterのAPIを使ったアプリを作るのにはTwitter Appsにアプリを登録する必要があるんですが、アプリを登録するにはtwitterで電話番号認証をしている必要があります。

そんなわけで電話番号の登録をしたんですが、認証用コードがSMSで届かなくてハマったのでその対処方法を残しておきます。

SMSでの電話番号登録

twitterの電話番号はメニューの[設定とプライバシー]を選択して設定メニューから[モバイル]を選択します。

電話番号を指定する画面が表示されるので、電話番号を設定します。

ここでは最初の0を除いた番号を入力します。ハイフンもなしで。

例:090-XXXX-XXXX → 90XXXXXXXX

「続ける」を押して認証用コードがSMSで届けば、その番号を入力すればOKです。

私の場合はなんどやっても届きませんでした。

そんな場合は自動音声通話で認証用コードを受け取ることもできます。

自動音声通話での認証コード通知

自動音声通話で認証用コードを通知するには、ユーザー情報の画面の「ログイン認証を設定」を押します。

「ログイン認証の仕組み」の画面で「始める」を押します。

「新しいパスワードを再入力してください。」の画面で、設定しているパスワードを入力して「設定する」を押します。

「電話番号を追加」の画面で、ダメ元で電話番号を入力して「コードを送信」ボタンを押します。

これで届けば問題ないのですが、たぶん届かないと思います。

「認証コードを入力」画面で「コードが届きません」を押します。

「電話番号を確認してください。」画面で「自動音声通話で受け取る」を指定します。

すると、設定した電話番号に電話がかかってくるので音声で認証コードを受け取ります。

「認証コードを入力」画面に先程聞いた認証コードを入力して「送信」を押します。

これで電話番号の登録が完了しました。

ログイン認証を無効にする

これでめでたく電話番号が登録できたのですが、ログイン認証の登録も完了したことになります。ログイン認証はログインの度に認証コードを受け取って入力しないとログインできない、と言うものです。

SMSで認証コードを受け取れない場合はこの設定があるとログインが面倒なので無効にしておいたほうがよいと思います。

以上で、電話番号の登録の作業は完了です。

なぜSMSで認証用コードが受け取れないのかはナゾのままですが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする